女性のアルコール事情!キッチンドリンカーにならないために

キッチンドリンカーという言葉はアメリカで誕生しました。

もともとは女性が調理中に料理酒を味見しているうちにその味にやみつきになってしまったことから始まった言葉だそうです。

最近は日本でも女性のキッチンドリンカーが急増しています。

キッチンドリンカーにならないためには、一体どうしたら良いのでしょうか。

キッチンドリンカーにならないための方法

夫婦の会話を増やす

夫の知らないうちに妻がキッチンドリンカーからアルコール依存症になっていた、という話はよくあります。

ここ数年の間に女性のアルコール依存症が急増した原因は、精神的な問題が大きく関わっていることが分かっています。

仕事で忙しい男性にとって、家にいる妻がいつも何を考えているのか、なかなか気づかってあげられる時間はないものでしょう。

女性がどんなことに不満を抱いているのか、不安に思っているのか、耳を傾けてあげてください。

なぜアルコールに頼ろうとしているのか理解してあげることで、キッチンドリンカーになることを防ぐことが出来るはずです。

家族の時間を作る

キッチンドリンカーになる女性の多くが、40~50代と言われています。

子育てもひと段落し、だんだんと身体も言うことをきかなくなってくる頃。
夫は仕事に忙しくなかなか帰ってこない。
子供たちは自分の世界を持ち、家族で過ごす時間がない...。

孤独感からアルコールを求めるようになり、寂しさを紛らわそうとしているのです。

そのような事態を防ぐためにも、普段から家族で過ごす時間を意識的に作るようにしてください。

育児ストレスを解消する

キッチンドリンカーは育児中の女性が陥ることも多いようです。

子育てに追われ社会から取り残されたような気持ちになり、思い通りにならない育児に大変なストレスを感じている女性はたくさんいます。

そのストレスを上手に解消する方法を見つけてください。
育児の合間に打ちこめる趣味を見つけたり、時には子供から離れてリフレッシュ出来る時間を作ったり、育児仲間に愚痴をこぼしたり...。

育児をもっと楽しめるようになれば、お酒に頼る必要もなくなるはずです。

体調の変化を見逃さない

これは一緒に暮らす家族が注意しなければならないことです。

など、ひとつでも気付くところがあったら注意深く見ていてあげましょう。

早い段階で気付いてあげることが出来たら、キッチンドリンカーにならずに済むかもしれません。

最後に

女性がキッチンドリンカーになってしまう原因は、ほんの些細なことかもしれません。

しかしその状態のまま放っておけば、取り返しのつかない事態を招くことにもなり兼ねません。

キッチンドリンカーを始めとするアルコールに関する問題は、家族が注意して過ごすことでいくらでも解決することが出来るのです。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »