肝硬変の危険性も!アルコール性肝障害とは

お酒を飲むと体内に入ったアルコールのほとんどは肝臓で分解されます。

大量の飲酒を繰り返すうちに肝臓がどれほどのダメージを受けているかご存知でしょうか?

その症状の多くが、アルコール性肝障害という形で現れるのです。

アルコール性肝障害とは一体どのような病気なのでしょうか?

アルコール性肝障害とは?

原因

アルコールは体内に入ると肝細胞の中にあるアルコール脱水酵素やミクロソームエタノール酸化系酵素によって分解されます。

肝臓が一度に処理できるアルコールの量には制限があり、これを超えた量のアルコールが体内に入ってくると肝臓が障害をきたすことになるのです。

アルコール性肝障害の第一段階の症状がアルコール性脂肪肝であり、幹細胞の中に中性脂肪が蓄積された結果、肝臓が肥大した状態を言います。

アルコール性脂肪肝に気付かないまま飲酒を続けるとアルコール性肝炎を引き起こします。

肝臓が腫れて痛みを感じるようになるため、ここまできてようやく病気に気付く、という人も少なくありません。

さらに飲酒を続けると、命に関わる病気であるアルコール性肝硬変になる危険性があります。

症状

アルコール性脂肪肝は、特に目立った自覚症状が現れないため、病気に気付かない人が非常に多いのが特徴です。

だるさや疲れやすさを感じる場合はありますが、それが肝臓からきていると気付く人は少ないでしょう。

アルコール性肝炎になると吐き気や下痢、嘔吐などの症状が見られます。

この時点で病院に行くか健康診断で肝臓の異常が見つかれば良いのですが、これに気付かずにアルコール性肝硬変になってしまうと、腹痛や下痢、倦怠感の他に黄疸や腹水が見られるようになります。

いずれにしろ早期発見、治療が大切なので、定期的に健康診断を受けておくことをおすすめします。

治療法

アルコール性肝障害の治療としては、まずアルコールの摂取をやめることが重要になります。

アルコール性脂肪肝の段階でお酒をやめれば治療しなくてもそのまま完治させることが出来ますが、肝炎や肝硬変の段階までいってしまうと、入院して点滴や安静、食事療法による治療が必要になってしまいます。

肝硬変になってしまうとお酒をやめたところで肝臓を元に戻すことは出来ませんが、断酒して適切な治療を受けることで進行を抑えることは可能です。

アルコール性障害の場合は肝機能が低下した状態になっているわけですから、症状が治まってからも断酒を続け、栄養バランスを考えた食事を摂っていく必要があるのです。

最後に

アルコール性肝障害はアルコールの多量摂取を続けることが原因で起こる病気です。

出来るだけ初期段階で症状に気付き、お酒を控えるようにしなければ大変な事態を招く危険性があるということを忘れないでください。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、症状が現れにくい臓器です。
だからこそ普段から気をつけて、大切にしてあげなければなりません。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »