アルコールチェッカーで飲酒運転を100%なくそう!

飲酒運転を取り締まる法律が厳罰化したものの、今もなお飲酒運転による事故が後を絶ちません。

「酔っていないから...」、「ほんの1杯しか飲んでないから...」という心の弱さが、取り返しのつかない事態を招くことになるのです。

そんな悲しい飲酒運転による事故を防ぐために、今注目を集めているのがアルコールチェッカーというアルコール検査器です。

飲酒運転を防ぐアルコールチェッカー

飲酒運転の怖さ

お酒を飲んだ状態で車を運転すると、どうなるでしょうか。

自分では酔っていないつもりでも、体内にアルコールが残っている限り、動体視力や集中力の低下は防ぐことが出来ません。

ハンドル操作やブレーキ動作が遅くなり、瞬時の判断が出来なくなるだけでなく、信号が変わったことや路上の人の動きに対する見極めも出来なくなる場合があるのです。

その結果、信号無視や蛇行運転、カーブを曲がりきれない、ガードレールなどの衝突といった恐ろしい事故を招きます。

飲酒運転による事故の怖いところは、本人だけでなく何の罪もない周囲の人間を巻き込んでしまう可能性があるということです。

自分の人生だけでなく他人の人生をも狂わせてしまう飲酒運転は、絶対にしてはいけない行為なのです。

アルコールチェッカーとは

平成23年から、運送事業者は運転者に対してアルコール検査器による酒気帯びの有無確認を行うことが義務付けられました。

アルコールチェッカーは息を吹きかけるだけでわずか数秒で呼気中のアルコール濃度を確認出来る検査器で、様々な場面で活躍しています。

お酒を飲むと1~2時間後には血中アルコール濃度がピークに達し、その血中アルコール濃度がゼロになるまでには何時間もかかります。

例えば遅い時間までお酒を飲んでいて、翌朝早い時間に車で出勤しなければならない、という経験がある人は多いでしょう。

果たして車を運転するとき、血中アルコール濃度はゼロになっているのでしょうか?

人間のアルコール処理能力には個人差があります。
何時間も経っていたとしても、もしまだアルコールが体内に残っていたとしたら、飲酒運転になってしまうのです。

今は飲酒運転で捕まった場合、職を失うことになるケースも少なくありません。

そんな事態を避けるために、アルコールチェッカーで血中アルコール濃度をチェックしてみましょう。

最近のアルコールチェッカーは精度も高く、安いものだと数千円から販売されています。
1台持っていて損はありませんよ。

最後に

飲酒運転を絶対に避けるために必要なものは、自らの「強い意志」です。

「1杯だけなら...」とつい運転前にお酒に手を出してしまいたくなるシーンはたくさんあるかもしれませんが、そこは強い意志を持って誘惑に打ち勝ってください。

そんなときにアルコールチェッカーを持っていれば、より気も引き締まるかもしれませんね。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »