二日酔いはあなたの1日をどうダメにする?

つい飲み過ぎてしまった翌日は、必ずと言っていいほど二日酔いの症状が現れます。

頭痛や吐き気、倦怠感に襲われ、あなたの大切な1日を全く無駄なものにしてしまうでしょう。

二日酔いになるほど飲み過ぎてしまったら翌日どうなるのかを考えて、飲み過ぎは避けるようにしたいものですね。

普段当たり前に出来ることが出来なくなる

二日酔いになるとひどい頭痛や気持ち悪さから、体が重くて起き上がるのも困難、という人も多いでしょう。

普段当たり前に出来ていることが出来なくなり、何をするにもいちいち時間がかかるようになってしまいます。

トイレに行ったりお風呂に入ったり食事をする、という日常的なことまで困難になるので、大変つらい1日を過ごすことになるはずです。

仕事にならない

飲み会の次の日が仕事、という場合は最悪です。
行けるような状態じゃなかったとしても、「二日酔いで休みます」というわけにはいきませんよね。

なんとか支度をして会社に行ったとしても、吐き気がひどくて何度もトイレに駆け込むはめになったり、頭痛のせいで座っているのも辛いという状態になることは間違いありません。

前日一緒に飲んだ人が会社内にいるならなおのこと、あなただけ具合が悪そうにしているわけにはいかないでしょうから、出来るだけ気丈に振る舞わなければなりません。
これが一番辛いのです。

休日を無駄にする

「明日は休みだから」と言って飲み過ぎた場合は、確実にせっかくの休日を無駄にすることになります。

それを覚悟で飲んだのなら問題はありませんが、貴重な休日に何も出来ずにただ具合が悪くて寝ているだけ、というのはもったいない気がしませんか?

どうせなら前日楽しく飲んで、二日酔いせずに休日も好きなことをして元気に過ごしたいところですよね。

楽しいことも楽しめなくなる

友達と会話をしていても、恋人とデートをしていても、具合が悪い状態だと楽しめません。
「昨日飲み過ぎちゃって...」と言い訳するのも、相手に失礼です。

病気でもないのに楽しいことを楽しめなくなるのはあまりにも残念なこと。

翌日に予定を控えているときはくれぐれも二日酔いにならないようにお酒は控えめに飲むようにしてください。

好きな物を食べられなくなる

二日酔いの日は当然吐き気がして気持ち悪い状態が続くので、夜になってもなかなか食欲が戻らないものです。

好きな物が目の前にあっても口に出来ず、悔しい思いをすることになります。

二日酔いのときは少々無理をしてでも食べ物を食べることで症状が軽くなることもあります。
二日酔い解消に効果的なものを食べて、早く美味しいものが食べられるようになるといいですね。

最後に

お酒が好きな人は何度二日酔いを経験しても止められないものです。

二日酔いになってしまったときは潔く、どうしたら二日酔いの症状を早く解消出来るのか考えてみてください。

諦めて何もせずに寝ていたら、本当に丸1日を無駄にしてしまうことになります。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »