なぜ避けられない?二日酔いのメカニズムと主な症状

お酒を飲むのは大好きだし飲み会にもどんどん参加したい!
...けれど毎回ひどい二日酔いに悩まされて、「もうお酒はやめる!」と決意する。
だけどやっぱりやめられない...。

という経験をお持ちの人は少なくないはずです。

せっかく楽しいお酒の時間を過ごしても、なぜ翌日には地獄のような二日酔いに襲われてしまうはめになるのでしょうか。

二日酔いのメカニズムと主な症状

二日酔いのメカニズム

アルコールを飲むとその80%が小腸で吸収され、血液の流れに乗って脳の中枢神経をマヒさせます。

お酒を飲んでいると足元がふらついたりところどころ記憶が途切れたりすることがありますが、これは中枢神経がマヒしたためであり、「お酒に酔っている」状態と言えます。

二日酔いは肝臓が分解しきれないアルコールが起こす体の様々な症状のことを言い、量を飲み過ぎたり夜遅くまで飲んでいたときに起こるものです。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されるわけですが、分解され切っていないアセトアルデヒドが血中を流れることによって、頭痛や吐き気などの症状となって現れるというわけです。

つまりアルコールを適量以上に飲まなければ全てのアルコールがアセトアルデヒドに分解されるため二日酔いになることはないのですが、お酒の席ではついつい楽しくなって適量を超えてしまう。

これがお酒の怖いところですよね。

二日酔いの主な症状

■頭痛
二日酔いの症状として頭痛を訴える人は非常に多いようです。
二日酔いの頭痛の原因と考えられるものにはまず、上記にもあるアセトアルデヒド。

アセトアルデヒドは毒性が強い物質なので、翌日になっても分解されていない状態にあると体内に残ったアセトアルデヒドが悪さをして頭痛を引き起こすと考えられています。

その他にも、アルコールには血管を拡張させる効果があるため、そのせいで神経系統が刺激されて頭痛を起こす、とも言われています。

■吐き気・嘔吐
二日酔いの朝はたいてい、頭痛と吐き気に悩まされるものです。
ひどい状態になると実際に嘔吐してしまう人も少なくありません。

小腸で吸収されたアルコール以外の、残りの20%は胃で吸収されます。
それによって胃の粘膜が刺激を受け、大量の胃酸を分泌することになってしまうのです。

これが原因で吐き気や嘔吐が起こり、半日以上苦しむはめになるというわけです。

■喉の渇き
お酒を飲み過ぎた日の夜は、喉の渇きで何度も目が覚める、という経験が私にもあります。

これはアルコールには利尿作用があるため、体内の水分が不足して脱水状態になっていることが原因と考えられます。

最後に

アルコールには強い人と弱い人がいますし、そのときの体調によって二日酔いが重いときと軽いときがあります。

二日酔いになると分かっていてもお酒を飲んでしまうのは、やはり楽しいからでしょう。

その楽しい時間を最後まで楽しめるように、二日酔いを軽く済ませるコツを知ることが出来たら良いですね。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもおすすめ