お酒を飲んでお腹を下す人に伝えたい!すい臓の話

お酒をたくさん飲んだ翌日、お腹を下すことはありませんか。
その時、みぞおちや背中、とくに胃の裏あたりが痛くはありませんか? 
もしかすると、飲み過ぎが原因ですい臓が悲鳴を上げているのかもしれません。

お酒を飲んだ翌日に、下痢や背中の痛みがあると注意したい、すい臓の病気についてお話しします。

まずは、下痢の原因について。

飲んだ翌朝、お腹が下るのはなぜ?

お酒の主成分はアルコールです。エチルアルコールとも呼ばれ、消毒や殺菌などに使われるほど強い刺激があります。
そのため、お酒を飲むと胃腸の活動が弱くなったり、腸のぜんどう運動が刺激されて下痢をしやすくなるのです。

この他に、アルコールが影響してすい臓に炎症がおきた場合にも下痢はおこります。

すい臓が原因の下痢について

すい臓が炎症を起こした状態を「すい炎」といいますが、すい炎になるとなぜお腹が下るのでしょうか。まずは本体の「すい臓」についてお話しましょう。

すい臓とは

すい臓は胃の後ろ側にあって、背骨あたりから左に伸びる15センチほどの長さの臓器です。
血糖値を下げるインシュリンを分泌するとともに、食べたものを消化する消化酵素を作って腸に送り、体が栄養を取り入れやすくしています。

すい炎とは

すい炎は、すい臓が作り出す消化酵素によって、本体のすい臓自体が溶けてしまう病気です。

男性で一番多い原因としては、長年の大量飲酒の習慣。具体的には、日本酒なら3合、ビールなら大瓶3本位を、10年以上、毎晩飲み続けるとすい炎になるといわれます。

女性の場合は突発的に発症するケースが多いですが、高カロリーの食事や、お菓子などをたくさん食べる習慣の人におこりやすいといわれます。

では、すい炎は、どのような症状が現れるのでしょうか。

すい炎の症状

すい炎は、急性から慢性へと移行する病気で、急性すい炎の症状としては、胃の裏やみぞおちのあたりに痛みがあります。

慢性化すると、痛みが断続的に続き、体のだるさ、吐き気、おう吐、熱、下痢などが続くようになります。

お腹を下すのは、すい臓の働きが低下して消化酵素が作られなくなり、食べたものがきちんと消化されなくなるからで、とくに脂質の分解酵素が減るため、脂肪便などの症状が現れます。

さらに症状が進むと、すい臓の消化酵素が周りの臓器の細胞を消化して壊し始め、黄疸や腹部の激痛、呼吸困難、ショック症状などを引きおします。

予防法について

すい炎の予防のために、生活習慣を見直しましょう。ポイントは次の3点です。

適量を守り、飲んだ翌日は、すい臓を休ませるために飲酒を控えましょう。
食事は大食いを控えて腹八分目にしましょう。
脂っこい食べ物はすい臓の負担になるので、デザートや天ぷらなどの高カロリーな食べ物や揚げ
物を避け、脂肪分を控えた食生活に切り変えましょう。

最後に

WHOの調査では、日本のアルコール消費量は2005年に比べ2011年では増加傾向にあると報告されています。

すい炎は長い時間をかけてじわじわと進み、ひどくなるとすい臓の組織が線維化してしまいます。一度線維化した組織は元に戻すことが難しい難病ですから、お酒との付き合い方や生活習慣を見直して、しっかりと予防したいものです。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »