なぜタバコを吸いながらお酒を飲むと二日酔いになるのか?

お酒好きな人なら誰もが経験したことのある二日酔い。

お酒を飲んで楽しい時間を過ごした代償とは言え、翌日のひどい頭痛や吐き気にはまいってしまいますよね。

二日酔いの症状には個人差がありますし、その日の体調にも関係してきますが、タバコを吸いながら飲酒したときは二日酔いになりやすい、と感じたことはありませんか?

タバコと二日酔いの関係

実は喫煙と飲酒には密接な関係があるようです。

喫煙と飲酒の関係

タバコを吸いながらお酒を飲むと二日酔いになりやすいのは、アセトアルデヒドという物質のせいだと考えられています。

お酒を飲むと体内に入ったアルコールは胃や腸で吸収され、肝臓で分解される際にアセトアルデヒドという物質が発生します。

このアセトアルデヒドは実はアルコールよりも数倍ひどい有害物質で、吐き気や頭痛、倦怠感と言った二日酔いの原因の主犯であることが分かっています。

大量のお酒を飲むとその分アセトアルデヒドの発生率が上がるため、二日酔いの症状も重くなります。

実はこのアセトアルデヒド、アルコールのみに限らず、タバコにも含まれているのです。

お酒を飲んでアセトアルデヒドが発生しているときにタバコを吸うことで、さらに体内のアセトアルデヒドは増えます。

アセトアルデヒドのダブルパンチにより、二日酔いを悪化させてしまう、ということです。

周囲の人にも影響

タバコを吸いながらお酒を飲むことでより二日酔いがひどくなるということに気付きながらも、やはり飲むとついタバコを吸いたくなってしまう、という人は多いでしょう。

そこは自己責任なので仕方ないのかもしれませんが、問題はこのタバコに含まれるアセトアルデヒドが、煙にも含まれているということです。

一緒にお酒を飲んでいる人に受動喫煙させてしまうことになり、いわば罪のない同席者たちを二日酔いへの道へと導いてしまう結果になります。

お酒の席でタバコを吸いたくなったときは、席を外して離れた場所で吸うようにしましょう。
お酒を飲む上での大切なエチケットです。

二日酔いを防止するには

お酒を飲む前に吸ったタバコも、二日酔いに影響します。
「今日は飲み会だ」という日は、朝からタバコの本数を控えるように気をつけてみてください。

そして飲んでいる最中には極力タバコを吸わないようにすることです。

また、タバコには二日酔いを防止する効果があると言われているビタミンCを破壊する作用もありますので、ビタミンCを積極的に補給するようにして、二日酔いがひどくなるのを防止しましょう。

最後に

深酒も喫煙も、決して体に良いことではありません。

二日酔いになりたくないから、という理由だけでなく、体に及ぶ様々な悪影響のことを考えて、出来るだけ控えるように努力しましょう。

健康を損なうことのないように、楽しいお酒の時間を過ごしてください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもおすすめ

掃除機のサイト
コードレス掃除機はコードを挿し込んだりせず、加えて軽いものが非常に多いので、掃除しよう。と意気込まなくても、気づいた時にパッパと出来てしまいますよね。おかげで子どもたちも掃除が楽しいようで部屋がいつも綺麗になって助かっています。