禁酒を100%成功させるための計画の立て方

禁酒すると良いことがたくさんあります。
健康になれる、節約できる、痩せられる...。

しかし実際にお酒を飲むことが習慣化している人が禁酒を成功させることは、簡単なことではありません。

禁酒を決断したなら、まずやらなければならないことは計画を立てることです。
どのように禁酒を進めていくのかを決めて、具体的な目標を明確にすることから始めてください。

禁酒を成功させるための計画の立て方

いつから禁酒生活を開始して、いつまでに禁酒を成功させるのか、目標がはっきりしていれば頑張る気になれるものです。

禁酒開始日は慎重に選ぶ

まず、いつから禁酒を開始するか、ということです。

「では今日から!」と思い立ってすぐに禁酒を開始するのは危険です。
何かと理由をつけて後回しにしたり挫折する可能性が高いからです。

禁酒を開始する日は、仕事や家庭、人間関係によるストレスが少ないとき、忘年会や送別会などの飲み会が近くないとき、誕生日やクリスマスなどの行事がないときを選ぶようにしましょう。

そうでないとせっかく禁酒を始めても、「今日だけは仕方ないから」、「今日だけは特別だから」という理由でついお酒を口にしてしまうものです。

まずは休肝日を作ることから

毎日のようにお酒を飲んでいた人が、その日からいきなり全くお酒を飲まないようにするのは難しいことです。

ストレスが溜まって逆に大暴走してしまう危険性も考えられますから、あまり無理のないスケジュールを立てるようにしましょう。

例えば「週に2回は飲まない日を作る」と決めて、それが達成できたら休肝日を徐々に増やしていくようにする方法がおすすめです。

お酒を飲まずに1日を終えることに体が慣れてきてから、完全な禁酒状態に持って行きましょう。

そのうちお酒を飲まないことが当たり前になってくるはずです。

いつまでに禁酒するか明確にする

禁酒への道を少しずつ進んでいても、はっきりと「いつまでに禁酒を成功させる」と決めておかないとズルズルと飲み続けてしまうものです。

自分の誕生日や何かの記念日があればそれを目標にすると分かりやすいでしょう。

禁酒達成の目標日を決めたら、家族や友人にとにかくそのことを宣言して回りましょう。
周りの人に「自分はいつまでに禁酒する」という情報を広めれば広めるほど、途中で挫折するわけにはいかなくなり、禁酒を成功させるための強い意志を持ちやすくなります。

最後に

禁酒を絶対に成功させたいなら、中途半端な気持ちでは無理です。
事前準備期間を設けて、禁酒までのスケジュールをしっかりと立ててください。

どうしても飲みたくなってしまったときは、寝てしまうのが一番です。

お酒を手の届くところに置いておかないこと、スーパーやコンビニに行ってもお酒コーナーには立ち寄らないこと、気を紛らわせるお酒以外の何かを見つけることなどが、禁酒を成功させるポイントです。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »