禁酒に失敗しやすい人の4つの特徴

人が禁酒を決意する理由は様々です。

などそれぞれですが、いざ禁酒しようと思っても途中で挫折してしまう人はたくさんいます。

禁酒しなければならないことは分かっているのに、禁酒に失敗してしまうのは一体何故なのでしょうか。

禁酒に失敗しやすい人の特徴

禁酒に失敗しやすい人には共通点があります。
自分に当てはまると思ったら、改善する努力をしてみてください。

目標設定が高すぎる

何かの目標を立ててそれを達成しようとするとき、多くの人が失敗する理由がこちらです。

目標設定を高くしすぎて、現実的に達成することを難しくしてしまっているのです。

「今日から1滴もお酒を飲まない」とか、「短期間で禁酒を成功させる」というような無理のある目標を立ててしまうと、挫折する人がほとんどです。

例えば「週に1日だけ飲まない日を作る」とか、「まずは飲む量を減らす」というように、誰にでも実践可能そうな簡単なことから始めていきましょう。

それが達成出来てから少しずつ目標設定を高くしていく方法がおすすめです。

難しく考え過ぎている

禁酒することを難しいことだと考え過ぎていませんか?

自分は何のために禁酒しようとしているのか、どのように禁酒を成功させるつもりなのか、飲酒をコントロールするためには何が必要なのか等、あまり考え過ぎるのは良くありません。

もう少し気楽な気持ちで始めた方が、意外と上手くいくものです。

将来のことを想像出来ない

お酒による健康被害は数多く予想できます。

大量のお酒を長期間飲み続けることで、内臓はダメージを受け続け、肝障害や癌、脳疾患といった病気だけでなく、アルコール依存症に陥る危険性も否定できません。

このままお酒を飲み続けていたら、自分の健康状態はどうなっていくのか。
そのことを全く想像することが出来ない人は、禁酒に失敗しがちです。

いつまでも元気でいたいと思うなら、頑張れるのではないでしょうか。

周囲にお酒を飲む人が多い

禁酒しようと思っても、家族や友人、会社の上司や同僚にお酒を飲む人が多い場合はなかなか難しいものです。

周りの人がお酒を飲んでいれば自分も飲みたくなってつい1杯だけ...ということにもなりやすいですし、飲み会の誘いも多いでしょうから、その都度断るのも心苦しいものでしょう。

しかし飲み会に参加しておいてソフトドリンクしか飲めないのも辛いことです。

しばらくはお酒を飲む人たちと距離を置くことも必要かもしれません。
誤解されることのないように、禁酒したいということを周囲に伝えておくようにしてください。

最後に

禁酒に成功するか失敗するかは、もちろんアルコールに対する依存度にもよります。

しかしやはり禁酒に失敗しやすい人には特徴があり、失敗する理由が分かっていなければ何度やっても上手くはいかないでしょう。

失敗する理由が分かれば、改善点も見えてくるはずですよ。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもおすすめ

法人カードの比較サイト
いつもお忙しい経営者・個人事業主の皆さんにピッタリの法人カードをご紹介します。
法人カードのメリットは、何といってもキャッシュレスである事。
現金だと何かと面倒な仮払い申請や過不足精算は一切不要。お忙しい中お手を煩わせる事はありません。

サルでもわかるインフルエンザの基礎知識
インフルエンザの流行を拡大させないためにも、家庭内で感染を防ぐことは非常に重要なことです。
日常生活で予防できる方法をこのサイトで理解・実践してみましょう。