ストレスを溜めずに禁酒を成功させる5つの方法

禁酒を決意する理由は人それぞれだと思います。

しかし、今まで当たり前のようにお酒を飲んでいた人が禁酒をするのは簡単なことではありません。

ストレスを溜めずに禁酒を成功させるには、一体どうしたら良いのでしょうか?

ストレスなく禁酒を成功させる方法

別の楽しみを見つける

お酒がどうしてもやめられない人にとって、お酒はこの世で一番おいしいものであり、お酒を飲んでいる時間は最も楽しい時間と感じるものです。

禁酒するためにはまず、それに代わる「楽しみなもの」を見つけることが必要になってきます。

何でもいいので今までお酒を飲むために使ってきた時間を費やせる何かを見つけることが出来れば、お酒のことは徐々に思い出さなくなってくるはずです。

気の紛わせ方を身につける

お酒が飲みたい、と思ったら何か別のことを始めて気を紛らわせましょう。

例えばノートに何かを永遠と書き出したり、夜のドライブに出かけてみたり、手芸をしてみたり...。

気を紛らわせているうちに時間は過ぎていきます。

慣れてくればお酒を飲む時間がなくなっていることに気付きもしなくなるでしょう。

お酒を飲まない友人と付き合う

飲酒を好む人はどうしても飲み会に行きたくなってしまいます。

そこで、しばらくはお酒を飲まない、飲めない友人とだけ付き合うようにしてみてください。

お酒を飲まない人はお酒がなくても楽しむ方法を知っているものです。

一緒に過ごすうちに自然とお酒から遠ざかり、別の楽しみ方を知ることが出来るようになるのではないでしょうか。

飲酒の怖さを知る

確かに適量の飲酒はストレス解消にもなり、健康にも良いと言われています。

しかし適量を超えたアルコールはあなたの体にどのような害を与えているか、ご存知でしょうか?

肝臓だけではありません。
飲酒によって体の様々な器官や臓器がダメージを受けているのです。

このまま飲酒を続けていくことで自分はどうなっていくのか、一度想像してみてください。
一生元気に生きていきたいと強く思うなら、自然とお酒はやめられるはずです。

身体を動かす

お酒が飲みたくなったら身体を動かすことを習慣づけてみてください。

ストレスなく続けるには、ジョギングやウォーキングを始めるのがおすすめです。

一汗かいた後ベッドに入れば、お酒を飲んだ後よりもずっと心地よい眠りが訪れることでしょう。

最後に

お酒を飲む人にとってお酒をやめることはストレスです。
そのストレスをいかに最小限に抑えて禁酒を成功させるかが大切なのです。

くじけそうになったときには、お酒を完全にやめることが出来たときの自分を想像してみてください。
心身ともに健康を手に入れ、理想的な人生が待っているとは思いませんか?

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »