禁酒がもたらす『良い睡眠』とは?

寝付けないときにお酒を飲むとぐっすりと眠れる、という人は多いようです。

確かにお酒は少量であれば精神を安定させて熟睡を促す効果がありますが、多量に飲んでしまうと喉が渇いたりトイレに行きたくなったりして、夜中に何度も目を覚ますことになってしまいます。

寝酒が習慣化して睡眠障害を起こしてしまう可能性もあるのです。

禁酒するといかにこれまでの睡眠の質が悪かったかが明らかになるでしょう。

良い睡眠のための禁酒の条件

寝酒はしない

お酒を飲むと眠くなった、という経験は誰にでもあると思います。

アルコールには入眠作用がありますので、昔から少量のお酒を「眠り薬」として飲んでいる人は多いようです。

ただしこれは「少量の飲酒」に限る話。

ぐっすり眠るために寝酒を習慣化してしまうと、いつの間にか身体にアルコールに対する耐性ができ、少量の飲酒では眠くならなくなってしまいます。

アルコールには確かに入眠作用はありますが、これは一時的なものです。
眠った後にノンレム睡眠からレム睡眠への移行を妨げ、後半の眠りを浅いものにしてしまうのです。

お酒を飲み過ぎた夜に何度も目が覚めたり、朝早く目が覚めたりした経験はありませんか?

しかも寝酒は気が付けば酒の量がどんどん増え、お酒を飲まないと眠れなくなってしまう...という状態を招き、アルコール依存症に陥る危険性が高くなります。

ゆっくりお風呂に入る

長時間湯船に浸かることは血行を促進して身体を温め、質の良い睡眠につながります。

日中感じたストレスを解消して気分をリフレッシュさせることも出来るので、お酒に頼らなくてもぐっすりと眠れるようになるでしょう。

特に若い年齢層の人たちは湯船に浸からずシャワーだけで済ませてしまうことが多いようですが、疲れているときこそゆっくりとお風呂に入ってください。

お風呂に入ったあとはお酒を飲まず、あまり時間を空けずに布団に入れば、すぐに眠りに就くことが出来るはずです。

入浴後の水分補給を忘れない

喉が渇いているとどうしてもビールなどのお酒が飲みたくなるものです。

特に入浴後は素早く水分補給して、「お酒を飲みたい」という欲求が湧いてこないように気を付けましょう。

入浴後だけでなく、身体を動かした後などもこまめに水分補給してください。

適度に身体を動かす

一日中何もせずじっとしていると身体は疲労感を感じず、心地よい眠りにつながりません。

身体を動かすことは疲れるだけでなく気分をリフレッシュさせることにもつながりますので、禁酒中には大変おすすめです。

激しい運動をすると逆にお酒が飲みたくなってしまうこともありますので、ジョギングやウォーキングなどをして適度に身体を動かすようにしてください。

最後に

このように飲酒と睡眠には深い関係があります。

お酒を「眠り薬」として使うのは大変危険であり、睡眠の質をどんどん悪いものに変えてしまうことになるのです。

禁酒することで睡眠の質を上げ、健康的な毎日を手に入れてください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »