二日酔いの朝におすすめの朝ごはん

二日酔いの朝は気持ちが悪くて何も口にしたくない、という気持ちは分かりますが、空腹の状態よりも朝ごはんをしっかり食べた方が症状の回復は早くなります。

二日酔いの朝でも無理なく食べられて、症状から早く抜け出すことのできる朝ごはんがあれば最高ですよね。

二日酔いの朝におすすめの朝ごはん

アルコールでダメージを受けた胃を優しくいたわり、二日酔いの症状を軽くする朝ごはんをご紹介します。

梅干し入りのおかゆ

普通のご飯よりもおかゆの方が胃に優しいので、二日酔いで吐き気があるときでも比較的食べやすいでしょう。

そこに、肝機能を向上させたり疲労を回復させる効果のある梅干しを入れることをおすすめします。

まるで風邪を引いたときのようなメニューですが、風邪でも二日酔いでも、体調が悪いことには変わりありません。

シジミのみそ汁

シジミに含まれるタウリンには肝臓の機能を高めてくれる作用があるため、みそ汁にして朝ごはんに食べると二日酔いの症状を軽くすることが出来ます。

実はみそ汁そのものにもアルコールを分解する作用があるので、シジミのみそ汁は二日酔いの朝にもってこいのメニューです。

具合が悪いときに朝からシジミ汁を作るのは大変かもしれませんので、作ってくれる人がいない場合は前日飲みに行く前に作っておくと良いでしょう。

それか、レトルトのシジミ汁のみそ汁を常備しておくことです。

ご飯を口に出来ないくらい具合が悪いときでも、みそ汁なら食べやすいはずです。

果物

アルコールを大量に摂取したことで、肝臓は大きなダメージを受けています。
そのダメージを和らげてくれるのが、ビタミンCです。

ビタミンには解毒作用もあるので、残ったアルコールの分解も早めてくれますよ。

ビタミンをたっぷり含んだフルーツを朝ごはんに加えてください。
グレープフルーツや柿などが特におすすめです。
さっぱりした口当たりのフルーツなら、無理なく食べられるでしょう。

トマト

トマトには血中のアルコール濃度を低下させる効果があるということが実証されています。
トマトを朝食に食べることで酔いが覚めるのを早めてくれますので、ぜひ試してみてください。

トマトそのものを食べるのが辛いようなら、トマトジュースでも良いでしょう。

緑茶

どうしても何も食べる気になれない、というときは、せめて緑茶だけでも口にしておきましょう。

緑茶にはタンニンやカフェイン、ビタミンといった二日酔いの症状緩和に役立つ成分が豊富に含まれています。

緑茶を飲んでおくだけでも、その後の回復の違いを実感することが出来るはずですよ。

最後に

二日酔いのときは胃や腸、肝臓などが疲れていますし、体は脱水状態に陥っています。
食欲がなくても、何かを口にしないと体力が戻らずに症状の回復は遅くなるばかりです。
薬を飲んで治そうとするよりも、まずは食事で二日酔いを改善してください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »