忘れず飲んでおきたい!二日酔いに効く飲み物ランキング

楽しいお酒の席の後には、必ずと言っていいほど待ち構えているのが二日酔いです。

お酒を飲む人で二日酔いを経験したことがない、という人はあまりいないのではないでしょうか。

二日酔いにならないためには、

等いろいろな方法がありますが、それでも二日酔いになってしまったときには、一刻も早く症状から解放されるよう努力するしかありません。

例えば、飲み物はどうでしょう。

上手に飲むことで二日酔いの症状を軽減することが出来る飲み物があるということをご存知ですか?

二日酔いに効く飲み物ランキング

お酒を飲む前や飲んだ後に、「これを飲んでおくと二日酔いを軽く済ませることが出来る」という飲み物をご紹介します。

ウコン

「飲んだら飲む」のCMでおなじみのように、ウコンドリンクが二日酔い防止に効果があることはご存知の通りです。

アルコールは体内に入ると、最終的に肝臓で分解が行われます。

この時、肝臓の分解に追いつかない量のお酒を飲むことで、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状が現れます。

つまり、二日酔いになりにくくするためには、肝臓の機能を高めて分解能力を上げてあげれば良いのです。

ウコンには肝臓を強化する働きがあるため、お酒を飲む前や飲んだ後に摂取することで、二日酔いの症状を軽くすることが出来ます。

スプライト

意外に思われるかもしれませんが、最近の研究により、スプライトが二日酔いに効くということが分かりました。

その詳しい仕組みまではまだ解明されていないようですが、どうやらスプライトには、体内に入ったアルコールを分解する酵素の働きを高める作用がある、ということです。

様々な飲み物を使って研究した結果、ハーブティーよりもスプライトの方が数倍効く、ということが分かりましたので、ぜひ試してみてください。

お酒とお酒の合間や、お酒を飲み終わった後にお水を飲むことで、体内のアルコール濃度を薄めることが出来ます。

アルコール濃度が薄ければ、それだけ分解に時間がかかりませんので、肝臓への負担を少なくするという結果につながります。

お酒の席や飲み終わった後は、積極的にお水を飲むようにしましょう。

ホットコーヒー

ホットコーヒーには二日酔いの症状を軽減する作用があります。

例えば二日酔いの症状である頭痛は、コーヒーに含まれているカフェインによって和らげることが可能です。

また、砂糖を入れたホットコーヒーを飲むことで、二日酔いの朝に陥りやすい低血糖状態を回復させることが出来ます。

最後に

このように、科学的に「二日酔いに効く」と言われている飲み物はたくさんありますが、本当に効くかどうかは個人差があります。

まずはいろいろ試してみて、自分に合った二日酔い対策になる飲み物を見つけてみてください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »