二日酔いになりやすい赤ワインの上手な飲み方

ポリフェノールが含まれている赤ワインは適量であれば健康に良いと言われています。

しかし飲み過ぎると二日酔いの症状がひどくなるのも赤ワインの特徴。

大好きな赤ワインをもっとたくさん飲みたいのに、翌日のことを考えると...という人のために、二日酔いになりにくい赤ワインの上手な飲み方をご紹介します。

二日酔いにならない赤ワインの飲み方

なぜ赤ワインは二日酔いになりやすいのか、どう気をつけて飲めば二日酔いにならずに済むのか、まとめてみました。

赤ワインが二日酔いになりやすい理由

赤ワインを飲むと頭が痛くなる、という人がよくいます。

これはカビや細菌の繁殖を抑制して酸化を防ぐために入れられている亜硫酸鉛の影響が大きいと考えられます。

あまり量を飲んでいないのに赤ワインを飲んだら二日酔いになった、という経験がある人は、そのせいでしょう。

白ワインよりも赤ワインの方が二日酔いになりやすいのは、色の濃いお酒には微量の化学成分が含まれているためです。

もちろん白ワインでも赤ワインでも、飲み過ぎれば二日酔いになるのは当然のことですので、上手な飲み方を知って最後まで楽しいお酒の時間を過ごしてください。

二日酔いしない赤ワインの飲み方

■合間に水を飲む
赤ワインのようにアルコール度数が高めで水などで割って飲まないお酒は、合間に水やお茶をたくさん飲むことをおすすめします。

そうすることで血中のアルコール濃度が薄まりますし、トイレの回数が増えるのでアルコールを体外に排出しやすくなります。

赤ワインを1杯飲んだら水を1杯、というように、同じ量の水を飲むようにしましょう。

■チーズをおつまみにする

アルコールは胃や腸で吸収されますから、チーズのような乳製品をおつまみにすることで
胃壁に膜を張り、ダメージから守ってくれる効果があります。

チーズは赤ワインとの相性も最高ですから、ぜひ試してみてください。
翌日の胃の調子が違いますよ。

■ゆっくり味わって飲む
赤ワインはアルコール度数が高めのお酒ですから、一気に飲むとあっという間に血中のアルコール濃度が高まり、分解が追いつかなくなります。

ビールのようにゴクゴク飲むのではなく、ゆっくりと味わいながら楽しむようにしてください。

■栄養ドリンクやサプリを飲んでから飲む
肝機能を向上させる効果のある栄養ドリンクやサプリメントを飲んでから赤ワインを飲むと、アルコール分解能力が高まりますので、二日酔いしにくくなります。

自分に合ったものを見つけるために、いろいろな商品を試してみると良いでしょう。

■無添加のワインを選ぶ
最近は酸化防止剤である亜硫酸鉛を使用していない無添加のワインが注目を集めています。

二日酔いになりやすい原因が必ずしも亜硫酸鉛のせいかどうかは明確になっていませんが、一度無添加ワインを試してみれば分かるかもしれません。

最後に

赤ワインは適量飲むことで様々な健康効果や美容効果があると言われています。

二日酔いになりにくい飲み方をして、赤ワインとの上手な付き合い方を知ってください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »