どうせ飲むなら体に優しく!

お酒に備えて摂りたい食品は?

肝臓の働きを助けるために、お酒の前には「ウコン」。
また、「飲む前は乳製品」という人も昔から数多くいます。
この他にも
「ゴマを日頃から摂っておくと、肝機能が高まる」
「オクラや納豆のネバネバ食品も、胃の粘膜を保護してくれる」
と、お酒の前に摂っておきたい食材はいくつかありますが、どれにも共通して言えるのは

ということ。

「お酒対策食品」の成分と働き

「おつまみ」にも気を使って!

「お酒×唐揚げ」は確かに最高だけど、太らないように揚げ物は最小限に抑える...。
そこまで気を配るなら、いっそ前向きに「お酒から体を守るおつまみ」を選んでみましょう。

タンパク質

おつまみを選ぶ際に「低カロリー」にばかり目が向きがちですが、質の良いタンパク質は積極的に摂りたいもの。
タンパク質は、肝臓がアルコールを代謝する際に必要です。
例えば、

など。

ビタミン類

ビタミンもまた、肝臓のアルコール代謝に欠かせません。

ミネラル

お酒を多く飲むとマグネシウムや亜鉛などのミネラルが排出されたり吸収しにくくなるので、おつまみで補いたいもの。
例えばマグネシウムならば

亜鉛であれば

などに多く含まれています。

食物繊維

食物繊維はアルコールの吸収を抑えてくれます。

お店などのメニューにも、食物繊維が豊富そうな料理が、意外とたくさん載っていますね。

二日酔いにはこれを摂ろう!

ついついお酒を過ごしてしまい、二日酔いになってしまったら、アルコールの代謝を進めることを考えましょう。
二日酔いで生じる頭痛などの症状は、アルコール分解の過程で生じるアセドアルデヒドによって起こるので、これも排出してしまいましょう。

最強食材「シジミの味噌汁」

昔から二日酔いの定番とも言うべきシジミの味噌汁。
シジミに含まれるタウリンが肝臓の解毒作用を促してくれる上、アセドアルデヒドの分解を助けて酔いの解消に。
メチオミンやグリコーゲンというアミノ酸やビタミンB12が、肝臓の細胞を合成。
味噌に含まれる乳酸菌もアルコールの分解に一役買います。

他にもまだある!「二日酔い解消食材」

体をいたわりつつ、楽しく飲みたい!

こうして見ると、体に良い食材からも、意外とバラエティに富んだおつまみをチョイスできそうですね。
それでも一番気をつけたいのは、自分のペースで適量を飲むこと。
いくら体に良いものを摂っても、飲みすぎては肝臓はアルコールを処理しきれません。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »