太りにくいお酒の飲み方

お酒を飲み過ぎると太る、と言われています。

実際に飲み会の翌朝体重計に乗ると驚くほど増えている...という経験をお持ちの人は多いはずです。

でも実は、「太らないお酒の飲み方」というものがあるのです。

これさえ知っておけば、もうダイエット中の飲み会も怖くありません!

太らないお酒の飲み方

ビールは避ける

ビールには糖質が多く含まれているため、何杯も飲むのは太る原因になります。

しかしやはり飲み会に行ったら「とりあえずビール!」と言いたくなってしまいますよね。
ダイエット中なら最初の1杯だけでビールは終わらせておきましょう。
そのあとは焼酎などの糖質が少ないお酒に切り替えるのが一番です。

どうしてもビールをもっと飲みたいという人は、無理に我慢するとストレスになって自律神経に支障をきたし、さらに太る原因になり兼ねません。

太らないビールの飲み方を知っておきましょう。

ビールは比較的アルコール度数が低いので、短時間でたくさんの量を飲んでしまいがちです。

出来るだけゆっくりと、間にソフトドリンクをはさみながら飲むようにしましょう。

また、ビールには食欲増進効果があるため、ついおつまみを食べ過ぎてしまうという危険性もあります。
枝豆や野菜スティックなど、太りにくいおつまみを選ぶようにしてください。

水を飲みながら飲む

水を飲みながらお酒を飲むようにすると、体内に入ったアルコール濃度を低くすることができ、肝臓にかかる負担を軽くすることにつながります。

また、水分補給することでトイレに立つ回数が多くなり、体内の水分代謝がスムーズになって太りにくくなるのです。

よくワインのようにアルコール度数の高いお酒を飲むときは水を一緒に飲むと良い、と言われていますが、ダイエット中はどんなお酒を飲むときにも水を隣に置いておくことをおすすめします。

低カロリーのおつまみを選ぶ

お酒で太るというより、おつまみの食べ過ぎで太っている人の方が圧倒的に多いものです。

お酒を飲むとつい揚げ物のようなカロリーの高いおつまみが欲しくなりますが、ダイエット中の飲み会ではこれは絶対に避けなければなりません。

かと言って何も食べずにお酒だけを飲むのは逆効果なので、枝豆や豆腐などのカロリーの低いおつまみを選ぶようにしましょう。

飲み過ぎた翌日は体を動かす

ダイエット中のお酒は飲み過ぎないのが一番ですが、つい飲み過ぎてしまった場合には、飲んだ翌日、いつもよりも意識的に体を動かしてカロリーを消費するように心がけましょう。

1駅分歩いてみるとか軽いジョギングをしてみるのもおすすめです。

最後に

お酒を飲むのが一番楽しみ!というお酒好きの人にとって、太らないためにお酒を制限しろというのは過酷な話です。

肝心なのは「太りにくいお酒の飲み方」を知っておくということ。

特に飲み会続きの時期は気を緩めることなく、楽しくお酒を飲むことが出来れば良いですね。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »