知ってから飲もう!お酒と体

「お酒を飲むから太るわけではありません。
一緒に摂るおつまみによるところが大きいのです。
炭水化物や油ものではなく、豆腐や枝豆と言ったヘルシーなおつまみを選べばOK。
お酒を飲めば血の巡りも良くなるから、それでお酒自体のカロリーも消費されてしまうんです...」

...昔、飲み仲間のそんな説明を受けて、
「じゃあ、おつまみ控えめにしてれば、(お酒を)多めに飲んでもいいんだ」
と、飲酒の際には炭水化物はNGフードに。
主な酒類のカロリーを覚えて、お酒に合わせておつまみを減らすなどして、場合によってはおつまみは食べずに、太らないよう気をつけてきたのに...。
生活スタイルもさほど変えていないのにもかかわらず、最近、じりじり太ってきたかも...。
もちろん加齢のせいもあるのでしょうが、お酒を飲むと、やっぱり太りやすくなるような気がします...。
本当のところは、どうなのでしょう?

お酒を飲むと太る、これだけの理由

どうしよう!脂肪を分解してくれない!

お酒の飲み過ぎは肝臓に悪い...というのは一般的なイメージだと思いますが、お酒そのものは決して毒ではありませんよね。
ただ、アルコールを毒と同類であると判断した肝臓は、解毒しようと分解を始めます。
アルコールは最終的に、体に無害な酢酸に変わりますが、その過程でアセドアルデヒドという物質が発生します。
これが肝臓の細胞内のミトコンドリアを傷つけます。
ミトコンドリアの働きが低下すると様々な問題が起こりますが、脂肪酸の分解が阻害されるのもそのひとつ。
たとえ脂っこいおつまみを摂らなかったとしても、お酒自体が、脂肪を分解しにくい肝臓にしてしまうのです。
また、分解されない食事由来の脂質は細胞内にたまってゆくのだとか。

胃にも脳にも作用する!

この他にも、お酒は胃液の量を増やして消化を促すので、結果、食欲を増進させる傾向があります。
また、満腹中枢も麻痺してします。
普段はダイエットを心がけていても、酔うと気が大きくなって節制などどうでもよくなってしまった経験はありませんか?

お酒と上手に付き合おう

お酒を飲みすぎると

肝臓による脂肪の分解が遅れがち。
食欲が抑えにくくなる。
また、お酒を飲むのは夜であることが多いため、
カロリーを消費しないまま寝てしまう。
これも太ってしまう理由になります。
...自他共に認める酒好きとしては、あまり嬉しくないことばかりが分かってきました。
お酒はやっぱり「悪」なのか?
ダイエットの敵なのか?

「適量」を知っておこう

「お酒は適量を守って正しく飲みましょう」というフレーズをよく耳にしますが、では適量とはどのくらいなのでしょう?
個人差はありますが、アルコール健康医学協会によれば、純アルコール量にして約40~50gまでが適量の上限なのだそう。
主な酒類に換算すれば

もちろん個人差はありますが、目安はあくまで「ほろ酔い加減」に。
深酒が過ぎると、健康を害することをお忘れなく!

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »