お酒があなたにもたらすメリット・デメリット

お酒が好きな人にとってお酒を飲んでいる時間は楽しくて気持ちの良いものですが、飲酒には様々なデメリットも存在します。

お酒を飲むということのメリットとデメリットを知り、今後どのように飲酒を続けていったらよいのか考えてみてください。

飲酒のメリット・デメリット

メリット

■ストレス解消
仕事や人間関係でトラブルがあったとき、「お酒が飲みたい」と思うものです。

これはお酒にはストレスを解消させてくれる効果があることを誰もが知っているからではないでしょうか。

アルコールは大脳の働きを鈍くするため、日中起こった辛い出来事を忘れてくれる効果があります。

美味しいお酒を飲んでストレスを解消すれば、「また明日頑張ろう」という気持ちにもなれるのではないでしょうか。

■疲労回復
仕事の後のビールは格別に美味しい、と言いますが、アルコールには疲労回復効果もあります。

疲れを癒し気分を落ち着かせてくれるお酒は、睡眠よりも疲労回復が期待出来るかもしれません。

疲れたときこそ早く帰って寝るだけよりも、お酒の力を借りて明日への活力を充電させてもらうのも良いでしょう。

■人間関係の円滑化
普段人と話すのが苦手、という人も、お酒の力を借りればコミュニケーション能力が高まるものです。

冠婚葬祭や会社の送別会、歓迎会、新年会などで必ずお酒が登場するのも、人と親しくなれる大きなチャンスです。

■適量なら健康に良い
もちろん飲み過ぎないことが大前提ですが、適量であればアルコールの摂取は健康に良いという統計が出ています。

毎日お酒を適量飲む人は、そうでない人に比べて突然死の確率が低いのです。

だからと言ってアルコール依存症などの危険性もある飲酒をおすすめするわけではありませんが、「酒は百薬の長」という言葉もウソではないというわけです。

デメリット

■二日酔い
飲み会のたびに飲み過ぎて翌日ひどい二日酔いに悩まされる...という人も多いでしょう。

お酒は自分の適量以上飲んでしまうと必ず二日酔いが待っています。
ひどい頭痛や吐き気、だるさに襲われ、一日を無駄に過ごしてしまう、ということも。

何度二日酔いを繰り返しても、なかなかお酒をやめようという気にはならないものです。

■記憶力、判断力の低下
アルコールは大脳に麻酔をかけてしまうので、記憶が途切れたり判断力が低下することもしばしばあります。

飲んだ席で大切な約束をするのは止めた方がよいかもしれませんね。

また、判断力が低下するせいで飲酒運転をしてしまい、事故を起こして取り返しのつかないことになってしまった、ということも多いにあり得ます。

■肥満
お酒の飲み過ぎは肥満を招きます。

お酒そのものも肥満の原因になりますが、一緒に食べるおつまみのせいで太ってしまう人も多いようです。

■依存症に陥る危険性
アルコールには依存性がありますので、毎日大量のお酒を飲んでいるとアルコール依存症になります。

お酒がないと生きていけないという状態に決して陥らないように、適量を守りながら飲酒してください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもおすすめ

「スマートキッチン」の口コミ評判まとめ!ローソンとヤフーの食材宅配
ローソンとYahoo!Japanによる食材宅配サービス「スマートキッチン」。
らでぃっしゅぼーやや、Oisixなどの有機野菜も取り扱っているとのことで、ネットでも話題となっています

イオンネットスーパーで火曜市を活用する時に知っておきたい6つのこと
イオンで開催されている火曜市は、イオンネットスーパーでも同じく利用できます。
店舗の店頭価格と同じ値段で商品を購入できるのはメリットが大きいです。