お酒に強くなるための4つの方法

お酒には様々な悩みがつきものです。

特にお酒が弱い人は、もっとお酒に強くなって飲み会を楽しめるようになりたいと思うものでしょう。

そんな人のために、お酒に強くなるための方法をご紹介しましょう。

お酒に強くなる方法

飲む前に牛乳を飲む

お酒を飲む前に牛乳を飲んでおくと、胃の粘膜が守られてアルコールの吸収をおさえてくれます。

アルコールは体内に入ると胃と腸で吸収されますので、吸収のスピードが早ければ早いほど肝臓に負担がかかり、酔いが回りやすくなるのです。

よく「空腹の状態でお酒を飲むと悪酔いする」と言われていますが、空腹状態の飲酒は特にお酒が弱い人にはもってのほか。

牛乳のような乳製品にはアルコールの分解を助ける成分も含まれていますので、大変効果的です。

いつもより酔いを感じずにお酒が飲めることでしょう。

毎日少しずつ飲んでお酒に慣れる

アルコールに強いか弱いかは遺伝や体質の問題なので、練習したからといってお酒に強くなれる可能性は低いようです。

それでももしお酒の味が苦手でどうしても飲めなくて、飲み会で毎回辛い思いをしているというなら、味に慣れる練習は効果があるでしょう。

とりあえず一種類でもいいので、「これなら...」と思う種類のお酒を毎晩少量ずつ飲んでみてはいかがでしょうか。

何でも毎日食べたり飲んだりすることを習慣づければ、味に慣れてくるものです。

ただし相手はアルコールだということをお忘れなく。
肝臓に負担を与えたり、飲まないと眠れなくなるほどの量を飲んでは絶対にいけません。

自分の適量を知る

自分はお酒をどのくらい飲んだら具合が悪くなるのか、適量を知っておくべきです。
そしてその適量の範囲内で、出来るだけゆっくりとしたペースで飲むようにしてください。

他の人たちがお酒を飲んでいるのに自分だけソフトドリンク...という状況が嫌なら、少しの量のお酒を時間をかけて飲むようにすれば良いのです。

コップの中身が空になっていないなら次から次へと飲むように勧められることもないでしょう。

前日はぐっすり眠っておく

飲み会の前日はいつも以上にしっかり睡眠をとっておきましょう。

寝不足の状態でお酒を飲むと、酔いが回りやすくなります。
体調をしっかり整え、万全の状態でお酒を飲むようにしてください。

ウコンを飲む

ウコンのような栄養ドリンクには、お酒を飲んだときにアルコールを分解する力を助けてくれる効果があります。

お酒が弱い人は人よりもアルコール分解能力が低いので、このようなドリンクの力を借りて少しでも酔いが回りにくい状態にしておきましょう。

最後に

お酒に弱い人が強くなるのは簡単なことではありません。

肝心なのは、上手にお酒と付き合う方法を知ることです。

具合が悪くなることもなく、お酒を飲んでいる人と同じようにその場を楽しむことが出来る力を身につけることが出来れば良いですね。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »