二日酔い防止マニュアル

二日酔いになってしまったときの対処法を知って症状を3割軽減!

二日酔いは自分の適量を超えてお酒を飲み過ぎてしまったときに起こる、頭痛や吐き気などの症状を言います。

毎回お酒を飲むたびに「明日は二日酔いにならないように気を付けて飲もう」と思っているのに、やっぱり二日酔いを繰り返してしまうあなたに、症状を軽くするための対処法をご紹介しましょう。

二日酔いになってしまったときの対処法

水分補給

二日酔いは肝臓が分解し切れなかったアルコールが体内に残ることで起こるわけですから、体内に残っているアルコールを体の外に排出させることが一番の対策です。

そのためには、水分を大量に摂取することで体内に残っているアルコール濃度を薄くして、汗や尿から排出させる必要があるのです。

二日酔いの症状を軽くするために効果的な飲み物としては、スポーツドリンクやみそ汁、コーヒー、トマトジュースなどが挙げられます。

特にコーヒーや緑茶には利尿効果のあるカフェインが含まれているので、より効果的です。

二日酔いだと思った日の朝は、積極的にこれらの飲み物を飲むようにしましょう。

ビタミン補給

ビタミンにはアルコールの分解を促進させる効果があるので、ビタミンを含む飲食物は二日酔いの軽減におすすめです。

ビタミンたっぷりの果汁100%ジュースなどは一緒に水分も摂取出来るのでより効果的ですし、ゴマやしいたけ、海苔などにも多く含まれているので試してみてください。

ぬるめのお風呂に入る

二日酔いの朝、ぬるめのお風呂に入ることで血行が良くなり新陳代謝が活発になるため、低下した心臓の働きを高めてくれます。

起き上がれないほどひどい二日酔いでなければ試してみる価値はあるでしょう。

果物を食べる

二日酔いには柿が効く、という話はよく耳にしますが、果たして本当なのでしょうか。

実は柿に含まれているタンニンには、アセトアルデヒドという有害物質を分解する効果があるのです。

お茶を濃くして飲むのもタンニンを多く摂取出来るのでおすすめです。

その他にも、肝機能の働きを促進するグレープフルーツやリンゴなどの果物も二日酔いの症状から早く復活する効果があると考えられています。

とにかく休む

何を試しても効果が現れないようなひどい二日酔いのときは、とにかく布団に入って体を休ませましょう。

アルコールが分解されるのをひたすら待つしかありません。

最後に

どんなに「二日酔いにならないように」と気をつけながら飲んでも、どんな二日酔い予防対策をしていても、何度も繰り返してくれるのが人間というものです。

二日酔いになってしまったらなってしまったときで、少しでも症状を軽くして早めに回復出来るように、対処法を知っておくしかないのかもしれません。

これから忘年会やクリスマスパーティーでお酒を飲む機会も増えてくると思います。
ぜひこの対処法を試してみてください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

カテゴリ