忘年会で二日酔いにならないための5つのテクニック

これからの時期、忘年会でお酒を飲む機会も増えてくるでしょう。
会社の忘年会、友達との忘年会、趣味の仲間との忘年会...。

忘年会が続いても翌日二日酔いにならず、最後まで楽しい時間を過ごすためのテクニックをご紹介します。

忘年会で二日酔いにならないためのテクニック

前日はよく寝ておく

睡眠不足の状態だと酔いが回りやすく、すぐに悪酔いしたり二日酔いになりやすくなってしまいます。

アルコールを分解する力も低下した状態にあるため、睡眠不足での飲酒はおすすめ出来ません。

忘年会の前日はいつもより早めに就寝し、しっかりと睡眠時間をとっておくようにしてください。

ぐっすり眠って体調を万全にしておけば、調子よく飲めるはずです。

栄養ドリンクを飲んでから行く

最近はコンビニでも豊富な種類の栄養ドリンクが販売されているので、二日酔い予防に効果的なドリンクを買って1本飲んで行くようにしましょう。

おすすめなのは「ウコンの力」や「ヘパリーゼ」、「ノ・ミカタ」などで、本当に効果があるかどうかは人それぞれですが、飲んで行けばそれだけで気合いは入ります。

「栄養ドリンクを飲んだから大丈夫」という精神的な強さもまた、二日酔い予防につながるのではないでしょうか。

お酒だと偽ってソフトドリンクを飲む

いくら二日酔いになりたくなくても、上司に勧められれば飲まないでいるのも難しいでしょう。

そんなときはこっそりソフトドリンクを注文しておいて、「お酒です」と偽って飲むのもひとつの手段です。

例えばグレープフルーツジュースとグレープフルーツサワーは見た目がそっくりですから、酔っているおじさまたちに区別はつかないでしょう。

お酒の合間にお茶を飲む

お酒と同時にお茶を頼んでおいて、交互に飲んで体内のアルコール濃度が高まらないようにするのもおすすめです。

緑茶に含まれているカテキンには二日酔いを防止する効果もありますので一石二鳥です。

お酒はゆっくり時間をかけて飲むことになりますので、悪酔いや二日酔いを防ぐことが出来るかもしれません。

自分の適量を守る

本気で二日酔いになりたくなかったら、これが一番です。

お酒には強い人と弱い人がいますので、自分はどちらなのか、どのくらい飲んだら具合が悪くなるのか、どんなお酒に弱いのか、何度も二日酔いで失敗している人ならいい加減分かってきているはず。

仕事の付き合い上難しいことなのかもしれませんが、自分の適量を知り、それを守りながら飲むようにしましょう。

そうすれば翌朝スッキリ目覚めることが出来るはずです。

最後に

特に忘年会のシーズンになると、毎年お酒で失敗している人を見かけるものです。

せっかくの楽しいお酒の時間を二日酔いのせいで台無しにしてしまうことのないように、無茶な飲み方だけは避けるようにしてください。

年の瀬は何かと忙しくなるので、二日酔いで1日を無駄に潰してしまうことにならないように気を付けましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもおすすめ