二日酔いを6割軽くするお酒との上手な付き合い方

二度とあんなつらい二日酔いは経験したくない...と思うなら、お酒との上手な付き合い方を知ることです。

上手に付き合えばお酒はとても楽しいもの。

二日酔いを恐れずに、あなたも楽しいお酒の時間を過ごしてくださいね。

二日酔いを軽くするお酒との上手な付き合い方

自分の適量を知る

二日酔いを絶対に避けたいなら、これが一番です。
自分のお酒の適量を知ること。

人にはお酒の強い弱いがありますから、まずは自分がお酒に強い方なのか弱い方なのか、どのくらいどんなお酒を飲んだら二日酔いになってしまうのかを知ることが大切です。

当然仕事や付き合いの関係上、勧められたら飲むしかない、というケースもあるでしょうが、そういうときにしっかりと自分の適量を守りながら飲めるかどうかで、お酒と上手に付き合えるかどうかが決まります。

時間をかけて飲む

1杯1杯のお酒を、ゆっくりと時間をかけて飲むようにしてください。
間違えても一気飲みはしないように。

二日酔いは肝臓が分解し切れない量のアルコールを摂取することで起こりますので、肝臓になるべく負担をかけないようにしてゆっくり飲むことで避けることが出来るかもしれません。

アルコール濃度の低いお酒を選ぶ

血中のアルコール濃度が高まると二日酔いの原因になりますので、なるべくアルコール濃度の低いお酒ばかりを選ぶようにしてください。

ウイスキーやバーボン、焼酎のなどはアルコール濃度が非常に高いので、一気に酔いがまわります。

水分補給しながら飲む

血中のアルコール濃度を薄めながら飲むのも二日酔い防止には効果的です。
時々お酒の手を休めて、ソフトドリンクや水で水分補給しながら飲みましょう。

ちょっと酔いが回ったところで水分補給して一休みすると、また気持ち良くお酒を飲み始めることが出来るものです。

アルコールの摂取量も減らすことが出来るのでおすすめです。

食べ物をつまみながら飲む

空腹の状態は胃や腸に急速にアルコールを吸収させることになるので、血中アルコール濃度が一気に高まる危険性があります。

胃に食べ物を入れながら

サプリやドリンクで肝機能を高めてから飲む

最近は悪酔いや二日酔いを予防するサプリメントやドリンクが豊富に販売されていますので、それらの手を借りるのももちろんおすすめです。

お酒を飲む前や飲んでいる最中、飲んだ後に摂取することで肝機能を高めたりアルコールの分解を促進する効果があるので、本当に二日酔いになりにくいと評判のものもありますよ。

飲み会のお供に欠かせない、という人も少なくないのではないでしょうか。

最後に

お酒は上手に付き合えば美味しく楽しいものですが、一歩間違えると翌日地獄を見ることになり兼ねません。

二日酔いは多くの人が経験し、後悔するものです。

お酒との上手な付き合い方を知って、大人の飲み方が出来るようになると良いですね。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »