知って得するウコンの力ではっきりわかる効果

「飲むならウコン」と言われているように、ウコンは二日酔いに効くことで知られています。

確かに飲み会の前後にウコンを摂取しておくと悪酔いや二日酔いを防ぐことが出来ますが、ウコンの力はそれだけではありません。

ウコンは古くから様々な健康効果が期待できる生薬として伝えられてきました。

ウコンにどのような力があるのか、それを知っておけば今よりももっと健康的に毎日を送ることが出来るようになるかもしれませんよ。

ウコンの効果

二日酔い防止をはじめ、ウコンにはどのような効果があるのか調べてみました。

肝臓強化

肝臓には体内に入ってきた有害物質を分解して体外に排出する働きがあります。

例えばアルコールは肝臓で分解され体外へ排出されるわけですが、このとき胆汁が重要な働きをすることになります。

ウコンに含まれる有効成分クルクミンには胆汁の分泌を促す作用があり、肝臓の働きを強化します。

肝臓を守り、アルコールの分解能力を高めてくれるので、お酒を飲む前にウコンを摂取しておくと二日酔いになりにくい、という仕組みなのです。

消化不良の改善

ウコンには、胃液の分泌を促進し、胃の粘膜を守る作用も確認されています。

胃の働きが活発になるため、消化不良を改善し、食欲を増進させる効果があります。

実際に消化不良を訴えている患者を集めてウコンを数日間摂取してもらったところ、ほぼ全員の患者の症状が改善した、という試験結果も出ています。

抗酸化作用

あらゆる病気の原因となる物質である活性酸素は、年齢とともに増加していきます。

40代を過ぎるとガンや生活習慣病のリスクが高まるのは、このためだと考えられています。

ウコンに含まれるクルクミンには優れた抗酸化作用があり、活性酸素を除去して健康な体へと導いてくれる働きがあります。

老化防止にも効果的なので、アンチエイジング目的でウコンを摂取している女性も少なくありません。

免疫力アップ

ウコンには炎症抑制効果や抗菌効果もあるので、免疫力をアップさせてくれます。

免疫力が高まれば風邪を引きにくくなりますし、ガンなどの病気の予防にもつながるため、ウコンの免疫力アップ効果にはかなり注目が集まっているようです。

ダイエット効果

ウコンに含まれるクルクミンが胆汁の分泌を促すことにより、コレステロールの調整や脂質代謝のアップにもつながります。

つまり血液がサラサラな状態になるため、ダイエットにも効果的、というわけです。

健康を維持しながらダイエットも出来るウコンには、これからも注目が集まりそうですね。

最後に

二日酔い防止として摂取しているウコンには、実はこれだけの健康効果があるということが分かっています。

今後はお酒を飲んだときだけでなく、もっと効果的にウコンを日常生活に取り入れ、毎日の健康に気を使っていきたいものですね。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »