二日酔いにならないためにはこんなおつまみがオススメ!

二日酔いになりやすい人は、おつまみを食べずにひたすらお酒だけを飲み続けている傾向にあります。

実はお酒と一緒に口にするおつまみが、二日酔いの症状を軽くしてくれる場合もあるのです。

二日酔い防止に効果的なおつまみをご紹介しましょう。

二日酔い防止に効果的なおつまみ

チーズ

お酒を飲む前に乳製品を食べておくことで胃壁を守ってくれる効果があると言われています。

お酒の席で手軽に食べられる乳製品と言えば、チーズですよね。

チーズには肝機能を向上させる効果もあるので、アルコールを分解する力が高まり、二日酔いを防ぐことが出来るのです。

飲み会の席では最初にチーズやグラタンを注文して、多めにつまんだ後にお酒を飲み始めると良いでしょう。

枝豆

飲み会のおつまみとして定番の枝豆には、実は二日酔いを防止する効果があったのです。

二日酔いは体内に入ったアルコールが分解し切れずに起こるものですから、分解能力を高めることで予防することは可能です。

枝豆に含まれているたんぱく質やビタミンCにはアルコールの分解を助ける効果があるので、飲み始めに食べておくと二日酔いしにくくなります。

アサリ

アサリに含まれるタウリンには肝臓の働きを強化する作用があるので、アルコールを分解する能力が高まります。

アサリのバター焼きや酒蒸しなどは居酒屋にもよくあるメニューですから、ぜひ注文してみてください。

ゴマ

ゴマに含まれるセサミンには、二日酔いの原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

ゴマはいろいろなメニューに使われていますので、積極的に口にするようにしてください。

また、普段からゴマを食べる機会を増やしておくことで、アルコール代謝を良くし、二日酔いになりにくい体質を手に入れることが出来ます。

ネバネバ系

オクラや納豆、長いものネバネバの正体は「ムチン」という成分です。

ムチンにはアルコールの通り道である胃や腸の粘膜を守ってくれる働きがあるので、アルコールによる刺激を受けずに済むのです。

ネバネバ系のおつまみは女性にとっては頼みにくいものかもしれませんが、飲み会の席では誰もそんなこと気にしていません。

気持ち良く明日を迎えるためにも、ぜひ試してみてください。

サラダ

飲み会の席ではついソーセージや焼き鳥、唐揚げなどのおつまみばかり頼んでしまいがちですが、これらは食べ過ぎると肝臓の働きを悪くしてしまいます。

物足りなさを感じるかもしれませんが、サラダでビタミンやミネラルを積極的に摂りましょう。

最後に

楽しくお酒を飲んでいるのですから、自分が好きなおつまみばかり選んでしまう気持ちは分かります。

しかし美味しいものを食べて美味しいお酒を飲んで楽しい時間を過ごしたいのなら、二日酔いしにくくなるおつまみを積極的に食べることを忘れないでください。

飲み会が増える年末年始も、きっとこれで乗り切ることが出来ますよ。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもおすすめ