肝臓にすぐ効くウコンの効果的なとりかた

「ウコンは肝臓に良い」と言われています。

確かにお酒を飲み過ぎたときにウコンを摂取することで二日酔いを防止することが出来る、というのは有名な話ですので、ウコンが肝臓にとって良い働きをするということはまず間違えないでしょう。

深酒した後はいびきをかきやすくなり安眠出来なくなりますし、翌日は吐き気や頭痛に悩まされることになりますので、お酒をたくさん飲んだあとは出来るだけ肝臓をいたわってあげたいものですよね。

肝臓に効くウコンの効果的なとりかた

では、どうすればより早く、肝臓に効くようにウコンを摂取することが出来るのでしょうか。
ウコンが肝臓に良いと言われる理由とともにまとめてみましょう。

なぜウコンが肝臓に効くのか

ウコンがなぜ肝臓に良いのか、その理由は、ウコンに含まれる有効成分クルクミンにあります。

クルクミンには胆汁の分泌を促進して肝臓を守ってくれる働きがあります。

さらに、優れた抗炎症作用があるため、アルコールの分解によってダメージを受けた肝臓の働きを回復させます。

肝臓病はアルコールの摂りすぎによって起こることが多いので、普段からお酒を大量に飲む機会が多い人は、ウコンを摂取するように心がけることが勧められています。

効果的なウコンのとりかた

では、どんなタイミングで、どのようにウコンを摂取するのが、最も肝臓に早く効くのでしょうか。

「お酒を飲むならウコン」と言われていますが、実際にはお酒を飲む前にウコンを飲んでおくのがおすすめです。

ウコンには肝臓の機能を高める作用があるので、あらかじめ摂取しておけばアルコールを飲んでも素早く分解してくれます。

悪酔いや二日酔いを防止したいなら、飲み会に行く30分前にはウコンを摂取しておきましょう。

最も摂取しやすいのはウコンの栄養ドリンクです。

最近の商品は味も飲みやすく改良されていますので、女性でも抵抗なく飲むことが出来るでしょう。

ただ、お酒を飲んだ後にウコンを摂取してもそれなりの効果は期待出来ます。

「飲み会の帰りにウコンを飲んだら翌日の爽快感が違った」という話はよく耳にしますので、お酒を飲む前にウコンを飲み忘れたとしても、心配はありません。

ただしウコンは人間の体に吸収されにくい性質を持っているため、たくさん摂取したからといってそれだけ早く効くわけではありません。

ウコンの摂取量には限界がある、ということです。

普段から肝臓が気になる、という人は、1日に2回ほど、ウコンのサプリメントやウコン茶を飲む習慣をつけておくと良いでしょう。

最後に

「肝臓が悪い人はいびきがひどい」とも言われているように、肝臓に問題があると安眠まで失われてしまう危険性があります。

せっかくウコンが肝臓に良いということが分かったのですから、より効果的な摂取方法を知って、肝臓を守ってあげましょう。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »