二日酔いになりたくない人のための5つの予防法

二日酔いを100%防ぐことは無理なのかもしれませんが、かなりの確率で二日酔いの症状を軽くすることが出来る予防法はあります。

これから年末年始にかけて飲み会も増えるでしょうから、ぜひこの予防法を試して楽しいお酒を飲んできてください。

二日酔いの予防法

空腹でお酒を飲まない

空腹の状態でお酒を飲むと悪酔いする、という話は耳にしたことがあるはずです。

これは通常だと肝臓で分解されるアルコールが、空腹だと処理に間に合わなくなり、胃や腸に吸収されてアルコールの血中濃度が高くなることが原因なのです。

よく「駆けつけ一気」というように、食べ物を食べる前にお酒を一気飲みしているシーンを目にしますが、これは悪酔いや二日酔いになる良くない飲み方。

必ず何か食べ物を口にして、お腹を満たしてからお酒を飲むようにしてください。
胃の粘膜を守る乳製品がおすすめです。

肝機能を高めるおつまみを食べる

実は二日酔いは、お酒を飲んでいるときに一緒に食べるおつまみによっても症状を大きく軽くすることが出来ます。

肝機能を高める効果のあるおつまみとしては、たんぱく質やトマト等のビタミンC、海老、揚げ出し豆腐、しまほっけ等です。

また、ホウレンソウやレバー、生かき等にも悪酔いを防ぐシステインが含まれているので、二日酔いを予防するおつまみとして最適です。

炭酸の入ったお酒には注意

ビールやソーダ割りなど、炭酸の入ったお酒はアルコールの吸収率を高めるため、体に残りやすく二日酔いの原因になります。

ソーダ割りと聞くと強いお酒に感じない人が多いので、ついついたくさん飲み過ぎてしまうこともありますが、実は怖いお酒だということを覚えておいてください。

チャンポンは避ける

いろいろな種類のお酒を飲むことで二日酔いになりやすくなると考えられていますが、実はこれはチャンポンそのものが二日酔いの原因になるわけではなく、お酒の種類を変えることで口当たりが良くなり、ついつい飲み過ぎてしまう原因になるためなのです。

要するに二日酔いを防ぐためにはお酒を飲み過ぎないこと、が一番ということですね。

早い時間に切り上げる

二日酔いになりたくなければ、翌朝までアルコールが体内に残らないように逆算して切り上げることです。

例えばビール大瓶1本分のアルコールを体内で分解するためにかかる時間は、平均的な体型の男性で約3時間と言われています。

このことを考えて、翌朝までにアルコールが体内に残らないような時間でお家に帰りましょう。

最後に

これらの予防法を実践すれば、二日酔いに苦しむことなく、毎回楽しいお酒の時間を過ごすことが出来るかもしれません。

もちろんお酒には強い人と弱い人がいますから、この予防法を試しても効果がなかった、という人もいるでしょう。

そんな人はぜひ、自分に合った二日酔い予防法を探してみてください。

この記事は良かったですか?
良かった! → 

イマイチ… → 次のページヘ »

こちらのページもおすすめ